エステの脱毛も永久脱毛じゃない!?

実は、「永久脱毛」に限らず「脱毛」行為自体が医療行為なので、本来は医師にしかできないんです。

 

厚生労働省が平成13年11月8日に出した通達には、次のように書かれています。

 

「用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為を医師でないものが行うと、医師法17条違反となる。」(厚生労働省通達−医政医発第105号. 平成13年11月8日)

 

以上のように法律では、医師以外の者が機械を使って脱毛する行為をはっきりと違法であると言っています。

 

脱毛サロン

では、エステや脱毛サロンでやっているのは「脱毛」ではないのでしょうか?

 

エステや脱毛サロンで使っている器械はほぼ「フラッシュ脱毛器」ですが、レーザーほど照射パワーは強くはないものの、毛根部分の細胞を熱で変性させることでムダ毛が生えにくくしています。

 

これが医療行為にあたるのかどうかはグレーなところですが、正確には「脱毛」ではなく「抑毛」・「制毛」と言われます。

 

ケノンの脱毛も同じです。

 

これらを総称して「脱毛」と呼んでいるのが現状です。

ケノンは永久脱毛じゃないって本当?

以上のように、エステや脱毛サロンと同じ原理のフラッシュ脱毛器であるケノンも永久脱毛ではなく、正確には「抑毛」・「制毛」なわけですが、「じゃあ、だめなのか?」というとそんなことはありません。

 

最初にお話ししましたように、永久脱毛をするには「ニードル脱毛」をクリニックでお医者さんにやってもらわないといけませんが、いくつか問題があります。

 

まず、

 

医師と看護婦

@非常に料金が高いことがあります。

 

クリニックによって料金体系が違いますので一概には言えませんが一般的な相場としては両脇だけで20万円から30万円はかかるようです。

 

次に、

 

A1本1本の毛穴に針を刺して行うため、時間が非常にかかります

 

また、

 

B痛みもかなり強いため、かなり我慢強い人でないと途中で続けられなくなる可能性もあります。

 

仮にこうした問題をクリアしても、将来100%ムダ毛が生えてこない保証はありません

 

また、「レーザー脱毛」もニードル脱毛ほどではありませんが、フラッシュ脱毛と比べて痛みが強く、費用もかかります

 

そして、効果はニードル脱毛ほどではありません。

 

 

ケノン

ケノンは「永久脱毛」ではありませんが、脱毛サロンと同等以上の効果があります。

 

もし将来ムダ毛が生えてきたとしても、ケノンなら簡単に生えてきた箇所だけ施術すればいいだけです。

 

クリニックやサロンのように、追加費用もかからず自分の好きな時に好きなだけ気軽に脱毛できてしまいます

 

 

あなたは、「ニードル脱毛」、「レーザー脱毛」、「脱毛サロン」、それとも「ケノン」のどれを選びますか?

 

 

ケノンの詳細はコチラ

 

 

TOPページに戻る